夢が膨らむ家作り|注文住宅を建てる際に必要な条件

住宅模型
このエントリーをはてなブックマークに追加

都会でも持家は夢ではない

男性

マイホームの心がけ

自由な設計が可能であるということが評判を呼び、都会では注文住宅によるマイホーム建設を行う方が多くいらっしゃいます。また生活に便利な地で永住したいという消費者のニーズの高まりを受けて、都会でマイホームを建てる傾向があります。そんな都会での注文住宅によるマイホーム作りにはいくつか注意点があります。まずは隣家との距離に関することです。法令などでは隣家との境界線から50cmの間隔をあけなければならないという制限があります。この50cmの間隔は地域によっては1メートルの間隔が必要な場合もあります。また、前面道路の幅が4mを満たない場合には前面道路の中心部から2mまでセットバックしなければなりません。こうした制限があることから、実際に家を建てられる面積は土地面積よりも限られてきますので、注意が必要です。特に都会のような密集地の物件ではこういった制限が家作りに大きく影響しますので、家を建てる際には十分に確認が必要となります。

都会で持家を建てるワケ

近年人気のある注文住宅ですが、最近では東京に近い相模原市で注文住宅によるマイホーム作りが盛んに行われています。相模原市は交通機関、医療機関、教育機関が大変充実しており生活するうえで不便なく過ごせることが人気の背景となっています。また、市内には公園も多くあり、都会の中の憩いの場としても知られています。実際、相模原市はここ数年、人口の流入が増えており、特に若年層による移住が目立っています。通常、こうした動きは定年退職を迎えた高齢者に多いのですが、相模原市では若い層を中心に永住する人が多いのが特徴です。東京に近くて生活に便利なことに加えて、東京に比べて比較的安価で物件を入手できることも若年層に受けている理由となっています。